シアリス効果

シアリス効果

ed治療薬の中でも、最近急上昇の人気を誇るのが「シアリス」です。

 

週刊誌にも特集記事が載るくらい注目されており、いままでダントツに近い人気だった「バイアグラ」を凌ぐ勢いです。

 

なぜシアリスはそんなに注目されているんでしょう。

 

それは、バイアグラに不足していたいくつかの点が改良されているからなんです。

 

まず一つ目は、食事制限を受けない事です。

 

バイアグラは、食事をする前の空腹時に服用しないと効果がありませんでしたが、シアリスは食事をしてからでも服用することが出来るんです。

 

パートナーとゆっくり食事を楽しんでから服用することが出来るので、心に余裕が生まれてパートナーにも満足を与えられます。

 

二つ目は、持続j感が36時間とバイアグラの9倍近く続くことです。

 

 

金曜の夜に服用すると、日曜日の午前中くらいまで効果が持続するので、別名「ウイークエンドピル」と呼ばれています。

 

副作用も少なく、ほかのed治療薬と比べると優れた所が多い薬と言えます。

 

今後は、ed治療薬と言えばバイアグラではなくシアリスと言う時代になっていくでしょう。

 

ただ、即効性と言う面ではバイアグラに軍配が上がります。

 

時間に余裕が無く、短時間でより濃いセックスをお望みなら「バイアグラ」、週末をパートナーとゆっくり過ごして愛情をより深めたい方は「シアリス」というように、シチュエーションに応じた使い方をするのが、賢い方法ではないでしょうか。

 

購入方法も、今は個人輸入代行業者からインターネット通販で購入し、自宅まで配達してもらえるようになったので、人の目を気にすることもなく気軽に手に入れることが出来るようになりました。

 

ウイークエンドピルと呼ばれる36時間の長い効果を発揮するシアリスをもっと詳しく知りたい方は次のページから詳しく説明しています

シアリスジェネリック

一般的に、特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造または供給する医薬品のことを「ジェネリック医薬品」と呼びます。

 

ジェネリックとは英語でGenericと表記し、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味の言葉です。

 

そして、同じ有効成分の医薬品でも後発医薬品は複数存在し、その商品名は会社によって異なるので、いわゆる「新薬」より安い値段で供給されることが多いんです。

 

シアリスは病院経由で買うと2000円ほどしますが、ネットで買うとシアリス20mgで1錠1275円ですが、シアリスジェネリックの「タダリス」だと1錠178円まで値段が下がります。

 

 

ここで、さらに安くする方法をご紹介します。

 

この方法は、シアリスの10mgがちょうど合っている方限定ですが、シアリスの20mgを買って、ピルカッターで半分にして10mgにするんです。

 

そうなるとシアリスの10mgが1錠89円で買える事になります。

 

<

 

ただシアリスのようなピル状のものを綺麗に半分にすることは、簡単にはできませんので、専用のピルカッターを使用しましょう。

 

ピルカッターも1000円弱で買えるので、複数回の使用を考えるとそんなに高いものではありません。

 

ピルカッターなら簡単に綺麗に2つに切れますので、とても便利です。

 

だたし、気を付けなければいけないのは「ニセモノ」のシアリスジェネリックがネット上に多量に出回っている事です。

 

「正規品」を扱っている業者かどうか正しく判断する事が大事になってきます。

 

ここのサイトで紹介している業者は「正規品」のみの扱いをしていますので、安心して購入することが出来ます。

 

ピルカッターで半分にすればコストパフォーマンスがさらにアップするシアリスジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

シアリス使い方

シアリスの効果を最大限に発揮させるポイントを説明します。

 

1.食事への影響について

 

シアリスはバイアグラとは違い食事の影響を受けないと言われますが、やはり空腹の方がシアリスの効果があります。

 

 

とくに、シアリスを最初に服用する際は、緊張感もあると思うのでより効果が見込める食前の服用をお勧めします。

 

2.飲酒との関係について

 

シアリスの効果に、アルコールは影響がないと言われていますが、飲み過ぎやお酒に弱い方は控えたほうが賢明でしょう。

 

アルコールで緊張感が取れる方もいるので、一概には言えませんが、自分の適量より少な目を心がけてください。

 

3.シアリスが効果を発揮する理由

 

シアリスのようなed治療薬はいわゆる「精力剤」と違って性的刺激が無いと勃起を促すことが出来ません。

 

精力剤とは違い、体内に男性ホルモンを増強するわけではないんですね。

 

性的刺激があった時、勃起するための血液の流れを改善し、自然な勃起を助ける薬なんです。

 

4.副作用について

 

心臓の病気で、硝酸剤の治療を受けている方は併用禁忌薬なので、シアリスは服用しないでください。

 

狭心症などの心臓病によく用いられるニトログリセリンなどの硝酸剤を使用している方もシアリスを絶対に使用しないでください。

 

急激に血圧が下降し、重い副作用を起こすことがあります。硝酸剤には飲み薬だけではなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどもあります。

 

あなたがお使いの薬に硝酸剤が含まれていないかどうか医師に相談してください。

 

以上の点に気を付けて、シアリスの効果を最大限発揮させ、パートナーとのハッピーな時間を過ごしてください。

 

空腹時に服用する事で効果が100%発揮されるシアリスをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい

シアリス最新情報

現在ED治療薬は「シアリス」の他に「バイアグラ」「レビトラ」の3種類が発売されていますが、2014年1月にシアリスと同じタダラフィルを主成分とする前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「ザルティア」が厚生労働省に認可されました。

 

しかし、「ザルティア」はあくまでも厚生労働省認可の排尿障害改善剤であり、ED治療薬ではありません。

 

前立腺は膀胱の下で尿道を取り囲むようにして存在する臓器なので、前立腺が肥大すると、尿道をを圧迫しおしっこの出を悪くしてしまいます。

 

以前から、シアリスを服用していると、おしっこの出が良くなったとか、残尿感がなくなったなどという話がありましたから、タダラフィルは排尿障害に効果がある成分なんでしょうね。

 

「ザルティア」のタダラフィルの含有量は2.5mg、多くても5mgと低用量です。

 

「シアリス」の10mg、20mgと比べるとだいぶタダラフィルの含有量は少なめですね。

 

ただ、「ザルティア」は厚生労働省認可のお薬なので、健康保険の対象になっています。

 

という事は、普通の会社員であれば3割負担で購入できるという事なんです。

 

この事を利用して、「ザルティア」をED治療薬として使用しようという考えが浮かんでも不思議ではないですよね。

 

ここで、よく考えてみると「ザルティア」の5mgを「シアリス」の10mgとして使うとしても2錠飲まなければなりませんし、2.5mgを20mgとして使うなら8錠も飲まなければなりませんから大変なことです。

 

それに、病院とすれば前立腺肥大症に伴う排尿障害の疾患と診断できなければ、当然「ザルティア」は処方できません。

 

なので、「ザルティア」をED治療薬として使用する事は現実的ではないと思われます。

 

値段を安く抑えようと考えた場合、「シアリス」のジェネリック薬の方が安く購入できる場合もありますから。、強いて「ザルティア」にこだわる事は無いと思います。

 

ザルティアの知識を理解したらシアリスの詳細をこちらからご覧ください

シアリス効果・国産バイアグラジェネリック

2014年5月19日東和薬品株式会社から、国産バイアグラジェネリック第一号の「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」が発売されました。

 

水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬の「OD錠」という形をしています。

 

1錠は1200円の価格ですが、この価格がジェネリック薬として安いかどうかは議論の分かれるところだと思います。

 

 

ちなみに、2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではありませんが、価格は1000円と「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」より少し低価格になっています。

 

「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになったんです。

 

ed治療薬の中では圧倒的な知名度を誇る「バイアグラ」のジェネリックなので、各製薬メーカーは特許が満了するのを、今か今かと待ちわびていた事は容易に想像できますね。

 

ただ、解禁されたからと言って人間の身体に少なからず影響を与える「医薬品」ですから、すぐに発売できた訳ではないんですね。

 

各製薬会社も、「生物学的同等性」と、長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できたんです。

 

これからは、ユーザーが国産のバイアグラジェネリックを選ぶのか、外国のジェネリックメーカーのバイアグラを選ぶのかを決めなければなりません。

 

それは、多少高くても国産の安心感を取るのか、あくまでも価格の安さで外国製を選ぶのかの選択になりそうです。

 

国産バイアグラジェネリックもふくめてED治療薬やジェネリック薬をもっと詳しく知りたい方はこちらからお入りください